精神治療

英国の医師で細菌学者でもあったエドワードバッチ博士は、花の持つエネルギーが否定的な感情や精神状態に働きかけ、肯定的な感情、精神状態へと変わっていくことを発見し、1936年に「バッチフラワーレメディ」を完成させました。

バッチフラワーレメディの原料となるのは花のエネルギーを転写した水です。簡単に一言で説明すると、「花のエネルギーの瓶詰」ということになります。

一般的に「レメディ」という言葉は「治療薬」という意味で使われていますが、「救済策、解決方法」といった意味で使われることもあります。

バッチフラワーレメディの場合は後者の意味合いの方が強く、「元の状態へ戻す」というニュアンスで捉えられています。

バッチフラワーレメディは現在、それぞれの感情に対応する38種類のレメディの他に、緊急用のレスキューレメディを主とした黄色いパッケージのレスキューシリーズの販売も行っています。



  • 小さなお葬式 ・・・いくらかわかりにくい葬式費用を明瞭会計で行うことができる全国定額のお布施料金です。
  • ココマイスター ・・・皮革バック製品の本格的なイタリアンレザーを使った革製品が豊富にあります。